2008年12月06日

野生のハムスター

野生のハムスターの生態について書いていきます。

野生のハムスターは、土を掘り巣を作ります。
数日かけて巣作りをします。

その巣に入り、ハムスターは土の中で外敵から身を守ります。
温度変化が少ないので快適な巣となります。


夜間の野生のハムスターは餌(エサ)を求めて、何Km(キロメートル)も走りまわります。
見つけた種などのエサは、まず頬につめて巣まで運びます。

そして、巣にたくさん蓄えて保存します。
こうして野生のハムスターは、餌がとれない時期でも飢えをしのぎます。
posted by ハムスター飼い方 at 22:44 | 野生のハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  発毛もりもり日記
  私も発毛しました。お勧めです。
  http://hatumo.blog47.fc2.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。