2008年10月09日

ペットショップ

ペットショップに行くと、ハムスターはウサギや鳥類が販売されている場所の近くで売られている事が多いです。

ペットショップやペット専門店で購入する前に気をつける事をあげていきます。

ハムスターは夜行性なので、夕方過ぎにハムスターショップ販売店に行きましょう。

ペットショップの店員がハムスターに詳しいかどうか、ケージ内や水槽内が綺麗かどうかを確認しましょう。

ペットショップできちんと清潔に世話をされていないとハムスターが弱っていたり、病気になっている場合があります。

健康状態が悪い場合や高齢のハムスターの場合もあるので、元気かどうかと、産まれてからどれくらいの期間が経っているかペットショップ店員に聞きましょう。

ハムスターが人に慣れているかどうかや触らせてもらってもいいかをペットショップ店員にたずねて、実際に触らせてもらって判断しても良いです。
その場合、噛み付かれる場合もあるので注意してください。

もし、近くのペットショップハムスターを扱っていない場合は、ホームセンターのペット売り場やネット通販やネットショップを利用する事もできます。
posted by ハムスター飼い方 at 21:29 | ペットショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月07日

喧嘩(ケンカ)

ペットのハムスターを二匹以上カゴやケージの中に入れると、喧嘩(ケンカ)が始まります。

この喧嘩(ケンカ)の原因は、野生のハムスターの生態を探る必要があります。

ハムスターは自然界で、繁殖期以外はほぼ単独で生活をしています。

一匹で暮らしている事が多いハムスターは、縄張り意識が高いので近くにもう一匹他のはむすたーがいると、けんかして攻撃してしまうのです。

餌(エサ)を探し求めて夜中にたくさんの距離を走るので、近くに他のハムスターがいると自分の餌(エサ)が減ってしまい餓死する場合もあります。

そのためハムスターは縄張り意識が高くなり、喧嘩(ケンカ)してしまいます。

ハムスターを飼う時は、基本的にケージに単独飼育をしましょう。
posted by ハムスター飼い方 at 09:09 | 喧嘩(ケンカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月06日

ハムスターにとって天敵にあたります。

じゃれてが軽く噛んだだけでも、ハムスターは大きなケガや致命傷になってしまいます。

だけでなく、自然界ではハムスターより大きな動物は全て、おそわれてしまう敵とみなしています。

ハムスターが夜行性なのは、や狼など他の動物に見つからないよう捕まらないようにするためでもあります。

ハムスターにとって大きなストレスになってしまうので、を飼っている場合はなるべく家に同居させない方がよいです。
posted by ハムスター飼い方 at 08:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月03日

餌(エサ)

ハムスターエサ)にはひまわりの種などをイメージしますが、ハムスターの食べ物は人間と同じように雑食です。

つまりハムスターえさ)は、肉食動物の食べ物と草食動物の食べ物のどちらでも大丈夫ということです。

ハムスターは基本的には、エサ)として草木の実や種や草を食べます。
自然界では種子や実の他に、肉や虫を食べることもあります。
甘い果物も好物です。

ハムスターは食べたをほお袋にたくわえるという特徴があります。
たくさんエサを蓄えるとプックリと顔がふくれてかわいくなります。
posted by ハムスター飼い方 at 20:55 | 餌(エサ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月02日

単独飼育

ハムスターは基本的に単独飼育のペットです。

ハムスターの親子や兄弟や夫婦であっても、縄張り争いをします。

単独飼育をしないとハムスターは喧嘩(ケンカ)してしまいます。
大変ストレスになりますので、ケージ一つにつきハムスター一匹を基本の飼い方として下さい。

ケージに二匹以上いれるとハムスター同士で激しく攻撃してしまいます。
これは、自然界でも通常単独で生活しているためです。

例外的に、ロボロフスキーハムスターは複数飼いできる事が多いです。
posted by ハムスター飼い方 at 17:57 | 単独飼育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスターの体長は6〜7cmほどで小さいです。
ロボロフスキーハムスターは、とても小型のドワーフハムスターです。

性格はとても臆病で、ロボロフスキーハムスターはあまり人に慣れないのでなつきにくいです。動作が機敏で速く、すばしこいです。

ロボロフスキーハムスターの体色は、薄茶色と白色で少し黒色が入っています。全体的には白っぽく薄茶色です。

複数飼いできるという特徴がロボロフスキーハムスターにはあります。

ロボロフスキーハムスターにはホワイトフェイスという顔が白色の種類もいます。

小さくてカワイイのでハムスターの中でも人気がある種類です。
posted by ハムスター飼い方 at 07:58 | ロボロフスキーハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  発毛もりもり日記
  私も発毛しました。お勧めです。
  http://hatumo.blog47.fc2.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。